HOME >クリスタルドライ > 作業プロセス

クリスタルドライ 作業プロセス

スマートケア・カーペット・システムの作業プロセス

ステップ1

 s

散布前バキューム

■基本作業として事前にバキューミングを行います。

aaa

 s
 s

クリスタルドライ溶液の散布

■1:20に希釈したクリスタルドライ溶液をオートマチックスプレーにてカーペット全体に散布します。標準散布量は、1m2当たり40ccです。
■1本のクリスタルドライで2ガロン(約7.6?)の溶液が出来、約200㎡のカーペットクリーニングが可能です。

aaa

 s
20分~30分で自然乾燥

GLSマシーンでのブラッシング

■溶液散布後、GLSマシーンでカーペット全体をブラッシングします。
■GLSクリーニングマシーンは軽量堅固なアルミダイキャスト製、長時間のクリーニングも楽に作業ができます。
■マシーンの特徴は、2つのブラシが相互に反対方向へ回転いたします。この回転がカーペットの奥に入り込んだヨゴレを落とし、カーペットをふんわりと仕上げる起毛効果を可能しています。

aaa

 s

乾燥後、バキューム

■カーペットが乾燥した後、全体をバキュームします。
ヨゴレを取り込みながら結晶化したクリスタルドライが回収されます