HOME > ビルメンテナンス

シンエイコーポレーションのビルメンテナンスは・・・

ビル・マンション・アパートにある、様々な設備や環境に対応出来るサービスを提供致しております。日常清掃・定期清掃・特種作業・設備管理業務にて、一括管理が可能です。又、夜間等のトラブルに対応する緊急コールセンターサービスも提供いたしております。

弊社のビルメンテナンスを代表するのが、カーペットメンテナンスです。
長年培ったノウハウとクリスタルドライシムテムにより多くの顧客様に喜んで頂いております。
カーペットは汚れてからクリーニングするのではなく、定期的にメンテナンスする事によりカーペットの寿命を延ばす事が可能となり、カーペットの張替周期を飛躍的に伸ばすことが出来ます。
弊社カーペットメンテナンスは現地調査させて頂きカーペットの状況を見てゾーニング致します。
重歩行エリア・中歩行エリア・軽歩行エリアに分けメンテナンスのご提案をさせて頂きます。
クリスタルドライシステムはセミドライシムテムになっており、フリーアクセスフロアーを設置しているオフィスは勿論、カーペットに対してのダメージは他の工法よりも安全です。

ビルメンテナンス

受水槽管理

水道法・ビル管理法の規定により年1回の清掃作業、水質検査が義務づけられております
又、貯水槽の有効容量の合計が10トンを超える給水設備を『簡易専用水道』となり『簡易専用水道』の設置者及び管理者は水道法に基づき(水道法54条第8号)年に1回以上の清掃水質検査等の管理が義務づけられております。
貯水槽の清掃・設備機器点検により改善工事も弊社にて行っております。
又、近年お客様からご要望の多い貯水槽から直結給水システムへの設備変更もご提案いたしております。

受水槽管理

消防設備管理

消防設備保守点検は消防用設備等を有している建物(マンション・アパート・ビル)は消防法で義務づけられている関係者(所有者・占有者・管理者)は、その設置された消防用設備等を
定期的に点検し、その結果を消防署長への報告の義務があります(消防法第17条、17条3の3、17条の4)により上記の事により、マンション・アパート・ビルにある消火器1本からの点検及び報告が義務づけられます。
弊社では、消防設備点検は勿論、防火対象物点検も行っております。
特に命に直結する消防設備点検は安心安全の基本であり確実に実施されなければいけない管理義務です。 
弊社の経験豊かな有資格者が点検・工事を承ます。

消防設備管理

実績紹介はこちらから